Un ponche afortunado

(V)o¥o(V) 多趣味で暇なし主婦の自分探し (V)o¥o(V)

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW(最終回・・・・たぶん)

旅行の話

多分最終回。
あまりにもブログネタがたまってしまい、さっさと片付けてしまいたいので、早めに更新してしまいます。

箱根最終日。お天気は先日の天気と真逆の晴れ。
しかし場所は山の中。いつ天候が変わるかわからない状況。

本日の向かう場所をチェックしながらホテル内にある観光スポットのパンフレットやチラシを見てみると、割引券も付いてくる。
割引券(100円引き程度)をもらい他に時間をもてあそぶような保険的観光スポットにとある美術館で喜田川歌麿の浮世絵が
企画展で出ていることを知り、チェックインを済ませた後、観光スポットへ向かう。

始めに向かったのは箱根関所。
    
江戸口側門
    20140501_095234_convert_20140518154101.jpg

京口側門
   20140501_101301_convert_20140518154221.jpg

江戸口側門上から見た芦ノ湖   
   20140501_100118_convert_20140518154317.jpg

   
江戸幕末頃の関所の風景   
   20140501_100727_convert_20140518154418.jpg

生憎の山の霧。風は強いが、霧や雲を吹き飛ばすこともなくこんなお天気です。
でもこの日は平日。
QWの祝日中に来ていれば、渋滞や混雑なんでしょうねぇ。
混んでいたのは小学生の遠足?や中高生の修学旅行でした。

関所の歴史のお勉強をして、次は・・・・・・。
    
    20140501_120539_convert_20140518161558.jpg

大涌谷です。      20140501_120507_convert_20140518161038.jpg

       20140501_120707_convert_20140518161118.jpg
 
       20140501_120843_convert_20140518161157.jpg

奇跡的に富士山が・・・・・
ウソです。
たまたまあったパネルを撮っただけ。

            20140501_131816_convert_20140518161227.jpg

ここに来たらコレ↓↓
  20140501_121331_convert_20140518161323.jpg   20140501_121348_convert_20140518161348.jpg

お味は普通のゆで卵。若干小ぶりなまっくろ卵。
一袋5個入り。一個では売っていません。

周りは外国人観光客が多かった・・・・。
温泉がわき出ている道を通るたびに、色んな国の言葉が聞こえる。

温泉の地熱パワーを貰ったと・・・・思い込んで、次は例の美術館。

ツル子さんは浮世絵好きでして・・・・。歌麿は特に。
もしツル子さんが江戸時代に生まれていたら、歌麿にツル子さんの絵をかいてもらいたかったと思うくらい。
そこで向かった美術館は。
     
     20140501_154145_convert_20140518163344.jpg

          20140501_154057_convert_20140518163053.jpg

入館料大人・・・2800円!!
お高い入館料にツル子さんは驚いたが一応ホテルの割引券を2枚出す。しかし、大人二人で割引券は一枚でいいと・・・・。
じゃぁ、ほんとに100円しか引いてくれないのぉ~~。泣く泣く5500円を支払う。

久しぶりの美術館。これだけの金額払ったんだから、しっかり観てしっかり勉強してこようと。

しかし、入館前に警備員らしい男から「携帯電話とカメラ類はそちらのロッカーへお預けください」と言われ、まぁしょうがないかなぁとコインロッカーに預ける。その後やっと入館。
また警備員に「鞄の中身を拝見します。」と言われ、さらに鞄を空港内のX線の金属探知機のようなところを通され、正直気分が悪い。
ツル子さんは思わず、「随分物々しいんですね。」と言ってしまった。
警備員さんは「すいません一応美術館なので。」 
これじゃ展示物を見るのも緊張する。
     
展示室の中へ向かうと、そこは真っ黒で、真っ黒な廊下。
間違えたかと立ち止まると、いきなり自動ドアが開く。
何か秘密基地の入ってはいけない部屋に通されたような気分。
中も真っ暗な展示室にスポットライトだけが、展示品を照らしている。
正直ツル子さんは展示品を見る気が失せた一室だった。

でも5500円を支払った美術館。

じっくり見ようと展示品を鑑賞しようかと・・・・。
やっぱり駄目だ。どうしても勉強する気になれない。

美術品の価値にこだわった展示物の数々。
歴史的価値や当時の風景・情景・作者何一つ参考になる説明書きがない。
たまに一室に展示物一点に簡単な説明が書かれているのみの展示物の数々。

常設展示がワンフロアだけでなく、延々と2階3階と続く。
いい加減歌麿が見たい。

やっと「浮世絵展示」の表示を見つける。

なんとなく落ち着いた瞬間でしたが、歌麿のメイン「深川の雪」の一点のみ。
メインはわかってはいたが、どうせなら他の浮世絵をもっと見たかった。

しかし同じフロアに「18禁」の張り紙が。
「春画」です。

レンタルビデオ店のアダルトコーナーのような別室。

きちんと見てきましたが、「春画」って当時のエロ本。

あまり長々を感想を書きたくないので簡単に言えば、個人の収集家の自慢としか思えなかった。
本当に一般に公開したいのであれば、きちんと美術品を勉強してその価値を教えるべきかと思うのであります。
スマホでGoogleで調べようにも、ロッカーに預けてしまっている。

しばらく美術館に行っていなかったツル子さんは、これが今の美術館のはやりなのかと思ってしまいましたが、間違いでしょうか。

何だかんだ言って全フロアを巡り、ロッカーから携帯を取出し、美術館を後にする。
美術館前には足湯。
その足湯につかりながら、「風神雷神」が大壁画を見る。

       20140501_154440_convert_20140518163122.jpg

20140501_154506_convert_20140518163239.jpg

20140501_154448_convert_20140518163155.jpg

足湯で鑑賞中の疲れが取れたのが唯一の救い。

箱根を後にしました。

皆様、ツル子さんのGWのなんてことない休暇話に、長々とお付き合いいただきありがとうございました。
これでツル子さんの肩の荷が下りた。
次回からは普通のブログに戻ります。
では、また。



  
スポンサーサイト

テーマ:日記
ジャンル:ブログ

コメントの投稿

Secret

comment

◆No title

こんにちは。
箱根関所、風情があって、良いですね~。
大涌谷の黒い卵、お味は普通なのでしょうか・・・。
興味津々です。温泉卵なのかな。
美味しそうですね。
美術館はちょっと残念な感じでしたか・・。
でも、足湯と雷神風神、ホコッとしそうで良いですね。
GW旅、満喫されましたね。ヽ(^。^)ノ

アクセスカウンター

ツル子さん紹介

ツル子さん

Author:ツル子さん
主婦ツル子さんです。
趣味:ご覧のとおり多趣味です。ただ今フラメンコ猛特訓に耐えてます。
みなさんからの応援をお待ちしています。

⇑お気にいったら、こちらをポチッと。

カテゴリ

リンク

最新コメント

フラメンコの魅力

最新記事

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。