FC2ブログ

Un ponche afortunado

(V)o¥o(V) 多趣味で暇なし主婦の自分探し (V)o¥o(V)

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰になっちまったぜ・・・・

フラメンコの話

無事終わらせられました。発表会。
正直何をどう書けばいいのかわからないくらい興奮がいまだに続いております。
書きたいことが多くてまとまらないので、話があっちこっち行かないようにまとめたいと思います。



まずは、4月28日(土)はお昼過ぎからリハーサルでした。
当日は家でお昼ご飯を軽く食べ、会場に向かいます。

場当たり(ばあたり)と言いまして、舞台のどの位置に行くかとかフォーメーションの確認です。

ツル子さんにとっては発表会や観客の前で踊ることは慣れているはずだったのに、ここまで本格的な舞台は初です。

場当たり後は夕方から衣装に着替えて全プログラムを流してのリハーサルです。

リハーサルが全部終了したのは夜9時。

家に帰り、ヘロヘロのツル子さんはとにかくマニキュアを塗らないと、お風呂入らないと、早く寝たいけどビールも飲みたい・・・・。

とにかくバタバタの上に、緊張が時には見え隠れ
「早く寝ないと」「早く寝ないと」とツル子さんに言い聞かせます。

が、チョイ酔いのツル子さんです。
就寝時間おそらくなんだかんだやってて夜中の2時頃になってしまったんでしょうか・・・・。



本番当日。
とにかく家を早く出ないと・・・・。
軽く朝食を済ませ、会場へ向かいます。

もうメイクも済ませている先輩方もいる。
そういう方々はやっぱりもうメイクは全部自分で完璧に済ませられるわけなんですよね

しかしツル子さんはまだ舞台メイクの素人。
何度も練習はしましたがなかなかうまくいかなく、メイク室で先生に確認してもらいながら、メイクの得意な方々にお願いしたり。

開演前に舞台衣装・アクセサリー・メイクを完璧にした状態で最後のリハーサルです。

最後のリハーサルなのに、すでに緊張。
会場にはお客さんはいないというのに・・・・。
緊張です。
心臓の鼓動が大きすぎて、喉で心臓が鳴っている(←こんな可愛いもんじゃありません)状態。
本当に口から心臓が出てくるんです。


リハーサルでこの緊張って本番はどうなるの??(やばいよやばいよ


リハーサル終了後、衣装を一度脱ぎ昼食をとりましたが、お弁当の中身を見た途端お腹いっぱいです。
でも食べないと舞台で体が持たないし、本番までに空腹になってフラフラでしょう。

とにかくゆっくりじっくり緊張をほぐすようにお弁当を食べます。

お弁当1/4ほど残し、楽屋内のモニターで会場に続々とお客さんが入ってきている状態が確認できます。

やべ~本番が近付く・・・・。

同じ楽屋の諸先輩方が舞台に行くたびに「行ってらっしゃい~!!」「頑張って~!!」という声がコダマします。
楽屋でみんなの舞台を見ていると呼吸することを忘れて固まって見入ってしまっている。

ツル子さんの出番が近づく度に緊張感も大きくなります。

「今緊張してもしょうがない。」「舞台袖まで緊張しない」とモニターを見る姿勢も客観的に見るしかない。



ツル子さんの出番は一部と二部の間の休憩時間を挟んで二部の一番目。
曲目は「セビジャーナス」
フラメンコの基礎と言われる曲です。

二次会の時に聞きましたがセビジャーナスはフラメンコの要素が凝縮された踊りという事を聞きました。
そんな曲を踊ることがツル子さんは誇りに思います。

ツル子さん達のセビジャーナスの出番がきます。
二部に入る前、緞帳の中ではみんな一生懸命練習に励みますが、ツル子さんはここで練習して怪我でもしたら大変だと思い、とにかく緊張を抑えます。

舞台袖に大きな扇風機があり、そこで緊張でビッショリの手汗を乾かし、舞台袖でウロウロ・・・・・。

スタッフさんに背中をバチッっと叩かれ、少し緊張が治まりました。


二部の始まりのブザーが鳴ります。

ギター演奏の始まりと一緒に緞帳が上がります。

「春風のように・・・・・」と言われ明るく元気に爽やかに踊ろう!!
ツル子さんに春風というフレッシュさは全く無縁のようなものなんですが、ツル子さんは一生懸命春風を吹かせ、入場。

ついにツル子さん達の春風セビジャーナスの始まりです。

一番を精いっぱいの笑顔で踊り、もう一つ一番を子供たちが踊ります。
子供たちが踊っている時、ツル子さん達はカスタネット(パリージョ)を着け、二番に備えます。
パリージョをつけている間、一番を満面の笑顔を作ったせいか、顔の引きつりが止まりません。
でもあと二番、三番、四番と残っています。

二番は子供たちと楽しく、三番はもう一人の大人の方とペアで色々話し合いながら作り上げた振りを踊りあげ、四番は最後の体力勝負と笑顔を保たせ、踊りが終了しましたが、舞台袖にはけきるまで油断できません。
舞台袖にはけ切った時、ツル子さんは震えと涙と、過呼吸気味になり、腰が抜けそうな状態。

舞台袖に一人の講師が。
「大丈夫。大丈夫。本当に良く頑張った!!ちょっと楽屋で休んで、フィナーレは楽しく気楽に踊ろうね。」

ツル子さんは講師に「本当に今までいろいろお世話になりました。これからもこんな私ですが、なにとぞよろしくお願いします」と深々と頭を下げます。


楽屋に入り涙を拭き、みんなで記念写真。
(みんなで記念写真はアップできませんが、ツル子さん一人なら大丈夫かな?)
この写真がブロックされたらすいません。
          20120429_152607_convert_20120501113044.jpg

もうあとはフィナーレ(タンギージョという曲目)を思いっきり踊るしかない!
フィナーレはイニエスタ・コルテスさんと言う素敵な先生の振付です。
可愛らしくとにかくみんな一体になって踊る!!
前日まで色々指導されて本当に大丈夫かなぁって心配でしたが、結構みんなノリノリ

客席から見れないのが残念ですが、どうやら盛岡から来たフラメンコの旧友曰く「すごかった~」との一言。
どれだけすごかったのか、あとでDVD鑑賞が楽しみかと・・・・。

30分で楽屋を出なければなりません。
詰め込むものを詰め込み、舞台メイクをしっかり拭き取りスピンで楽屋を出ます。

会場のロビーでみんなは打ち上げに向けて入念にまたお化粧です。


打ち上げ。
涙・涙の打ち上げです。
みんな震災後の大変だった時のことを思い出し、それぞれの当時の思いを語ります。
BOXティッシュが会場内に回り、足りなければテーブルにある紙ナプキンで涙をぬぐいます。


二次会。
他のお客さんをがいる中、みんなで踊り狂います。


三次会。
あまりにも凄まじい光景でここでは公開できません。


四次会。
あったようななかったような・・・・・。


ツル子さんが帰宅したのは朝5時のこと。
昨日一日ツル子さんは死んでました。

いまだに興奮が冷めません。
そして筋肉痛も治りません。
さらにどこにぶつけたのか分からない青タンが・・・・。

でもこんな事一年に一度。
たまには羽目を外してこうやって興奮に浸るのもいいのかなって。

って簡単に今回の発表会をさらっと書きましたが、ツル子さんの興奮が伝わりましたでしょうか??

ギター、カンテ(歌)、パルマ(手拍子)他数々参加してくださったスタッフさん達・・・・。
今日じっくり検索して確認しましたが、スゴイ人たちでした。

こんなに凄い人たちと同じ舞台にいたなんて。
ツル子さん、すごい事をやらかしてしまったんじゃないかと。
今までの人生で最大の凄い事です。


今朝は比較的体調もいい感じです。
明日にはダンナ様の実家へ向かいますが、今回はあまり長居せずさらっと二泊+温泉一泊の予定です。
今朝は早くから起き、洗濯・朝食・クリーニング出しと主婦の仕事をせっせと済ませ、ただ今の更新に至っています。

ふ~ん。
ツル子さん、ギュッと趣味が凝縮されたような気がします。
「多趣味なツル子さん」は今後どうなるか・・・・。

スポンサーサイト

テーマ:独り言
ジャンル:ブログ

コメントの投稿

Secret

comment

◆ポントさん

>ありがとうございます。

究極の緊張でした。
口から心臓が飛び出しそうな緊張がほぐれた後のフィナーレはサイコーのフィナーレでした。
思いっきりノビノビと楽しく踊ることができるものでした。

こういう興奮と緊張が徐々になくなって行ってしまうんだろうって思うのが悲しいので、常にいい緊張感を持って踊ることができればと思います。

いい趣味を持てたと思います。
ダンスの後の妄想がまた、たまらん!!

◆遅くなりましたが

お疲れ様でした~

極度の緊張感から開放された後のお酒はさぞ美味しかったことでしょう。
と、アルコールがNGの私が言うのも説得力がありませんが。

真剣に打ち込める趣味があるのは羨ましい限りです。

◆Rayさん

> まあ、ツル子さんにとっては人生初と言っていいくらいの大舞台でした。

これがきっかけにフラメンコ人生に火がつきまして・・・・。

その火をどうコントロールできるかが今の課題です。

でも明らかに前進しているのは確かです。

大舞台をおつとめご苦労様でした
これからもドンドン前へ前へ突き進んでくださいマセマセ

◆鍵コメさん

鍵コメさんにもツル子さんの緊張感が伝わって頂けたでしょうか?
正直、鍵コメさんが来てるとか、知り合いやダンナ様が来てるっていうことを考える余裕はありませんでした。
その間何を考えていたか…

手汗を乾かす事に精一杯でした。

またこの興奮を体感しにいらして下さい。

◆いずきちさん

やっぱり凄いアーティストさんと同じ舞台に立つって、後になってから興奮が来るんですね。
でもいつまでもこの興奮を感じていても、いつまでたっても、疲れがたまる一方なので、今はダンナ様の実家で、あいにくの雨のなか静養してました。
病人じゃ無いのに、病人のよう。

今回の発表会は初の発表会だったので、興奮が止まらなかったんでしょうが、今後場数を踏めば、当たり前のようになって緊張することもなくなるんだろうかと、不安に思います。
ちょうどいい緊張感が欲しいんですがねぇ。

次回の発表会はいい緊張感になる事を祈るのみ。

◆ハリネズミさん

アオタンが、これからの露出の増える季節には痛い思い出ですがねぇ。

今ダンナ様の実家にてゆっくり静養中ですが、大雨のせいでなにもできなく、静養が増量になりそうな勢いです。

◆お疲れ様でした~

すごいカッコイイですね~♪ステージや舞台に立つっていうのはやっぱり興奮しますよね。そして楽しくもある。最近の私はライブでもあんまり緊張しなくなってしまうだらけっぷりを発揮してますが、気を引き締めて頑張りたいです。
好きなこと、やりたいことをやる!っていうのは「いいね~」って言われるけどそれなりにやり遂げるのは大変ですよね。ツル子さんの努力と根性、そして舞台の成功に乾杯!

◆管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

◆お疲れ様でした(゚∀゚)

無事、大舞台が成功された様で何よりです(・∀・)

筋肉痛も青タンも後でいい思い出になります( ー`дー´)

しばらくゆっくり休みなはれ(・∀・)

アクセスカウンター

ツル子さん紹介

ツル子さん

Author:ツル子さん
主婦ツル子さんです。
趣味:ご覧のとおり多趣味です。ただ今フラメンコ猛特訓に耐えてます。
みなさんからの応援をお待ちしています。

⇑お気にいったら、こちらをポチッと。

カテゴリ

リンク

最新コメント

フラメンコの魅力

最新記事

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。