Un ponche afortunado

(V)o¥o(V) 多趣味で暇なし主婦の自分探し (V)o¥o(V)

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間改造計画!

生活奮闘の話

昨年のGWのこと。

毎年のことですが、ツル子さんはGWに旦那様の実家で「嫁さん」をしてきます。
でもGWの前半のみ。

昨年のGWの後半にツル子さんのファンキーな姉夫婦が仙台に遊びに来ました。

ツル子さんの姉=ファンキーなイメージなのですが、意外や意外。
ファンキーな姉が筍を茹でて、筍の煮つけやら、筍ご飯やらを作った話を聞いてしまったのです。

ツル子さんにとって姉のイメージはファンキーで、料理が苦手?ではないであろうが、あまり作らない
イメージが強い。
しかし裁縫が得意というのは知っている。

ということで、ツル子さんは何を思ったのか!

「ツル子さん!洋裁を始める!!」


同じ母親から生まれて同じ母親に育ててきてもらったんだもん!
姉にできなくて私が出来ないわけがない!

今まで、「これ簡単にできるんだろうなぁ・・・」と思いつつ買っていたフラメンコの練習用ファルダ(スカート)。
これが自分で作れるようになったら、送料も浮くしツル子さんの移動費だって浮く。

仕舞には衣装なんかも作れるように・・・・と考えたが、それはまだまだ先のこと。

ミシンを購入。(馬力大なもの・コンピューターミシンではないが、用途は幅広なもの)
本当は、刺繍もしてくれるものが欲しかったが、そればまたいつか・・・・。

では、何を作ろうかと手芸店を散策。

しかし、「む~~~~ん?何を作っていいのか・・・・わからん!」と数日足を運んでみる。

そんなある日ツル子さんが通うフラメンコ教室の生徒さんからのお誘いでとあるイベントに参加が
決まり、よし何を着ようかなぁ。と。

時期は真夏。
じゃぁ、ノースリーブのワンピース?
いや、数か月前に購入したファルダに、ノースリーブのブラウスにしよう!

しかしこれにはベルトがあるといいなぁ・・・。
ベルト一本、一万円弱。交通費で往復2万円ちょっと。

「よっしゃ~作るか!」

4,5年前に購入したベルトを見本に作ってみようと、生地を購入。
やはり同じような生地は見つからないので、何か代用できるもので合わせて作ってみました。

何度もやり直し、何度も見本のベルトを眺め作ったベルト。
(ツル子さんの洋裁処女作と言っていいだろう。)

         20140329_164727_convert_20140329170305.jpg
(上が見本 下がツル子さん処女作)

感想;全くウエストラインが寸胴になってしまい、単に「黒のさらし」と言っても過言じゃない。

ただ、これで何が悪いのか、どこを直せばいいのか。
ツル子さんの技術に何が足りないのか(足りないのは全部なんですが)


これがツル子さんの人間改造計画の始まりです。

今年この忙しい時期(繁忙期)が過ぎたら、洋裁に没頭しようとツル子さんは洋裁百科の購入。
どうやら、この洋裁百科はすごいらしい。
自宅に届いてとりあえず目を通してみる。

ツル子さんは目から鱗。

ツル子さんは何も知らなかった。

全くの素人だった。

そんな素人が作ったベルトで、イベントに参加したとは・・・・。
なんてお恥ずかしい。
ちなみに、その恥ずかしい手作りベルトで出たイベントが、今プロフィールで載せている、
写真でござる。


と今年は洋裁を初めて、たくさん失敗して、ツル子さんの技術を磨こうと思った矢先。
7月、ツル子さんはタブラオライブのデビューが決まってしまった。

先週本格的に練習をスタートさせましたが、これで改造計画が延期になってしまった。
タブラオ・デビューについては、また後日UPします。


     

       
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき
ジャンル:ブログ

やっと繁忙期が過ぎ・・・。

生活奮闘の話

やっと仕事も繁忙期が過ぎ、ツル子さんは久しぶりにブログ開始です。


今年の繁忙期は、ヒヤヒヤでした。

納品が間に合わない!!通常入稿から2週間の納期をいただき余裕をもって仕事を回していたのに、
工場での職人の仕事の回し方がおかしい。

いまだに3月中に納品できないものがあるという恐ろしい状況ですが、ツル子さんは勝手に繁忙期を
終わらせた。
だって、ツル子さんの責任じゃないし、ツル子さんの仕事じゃないし・・・・。

それに去年は働きすぎで、扶養範囲を超えてしまい、確定申告で納税額がとんでもないことに
なったという恐ろしい結果に。

ということで、今年の目標は、「働きすぎない」「遊び過ぎない」「無駄遣いしない」という、
質素な生活を心掛けることに。


去年は、ブログ活動を休んでいたので、昨年からの試みをいろいろ振り返りながら、今の状況を
つづらせていただきとうございます。

テーマ:独り言
ジャンル:ブログ

無事帰還です。

生活奮闘の話

先週の変態との遭遇により、上京を恐れていたツル子さんでしたが、無事帰宅しました。

とっていたホテルの近くに警察署があり安心したツル子さん。朝方まで飲んでました。
お蔭で二日酔いと寝不足で帰宅。

月曜のお昼まで死んでました。

ちょっと羽目を外してしまいました。


ライブをツル子さんの姉とその旦那様と三人で観に行きましたが、そのライブが始まる前に先週たて続きに起きた変態遭遇事件を話し、姉が話してくれた教訓を伝えると、10年後の姉の教訓が言い渡されました。

「常に隙を見せる!」

なんじゃそりゃ?

「黒いフード付きパーカーをかぶり、ひもをギュッと結び、タコ歩き。」
こうすれば、「変な人だ」と言って近づく人はいないだろう。
という姉。

その言葉にツル子さんはポカ~ン。

毎日それをやってたら、逆にツル子さんが職務質問をされるでしょう。

今後10年後、また姉から何か教訓をもらおう!
10年後の教訓が楽しみになる。

テーマ:伝えたい事
ジャンル:ブログ

仕事初めの事件です。(続編)

生活奮闘の話

続編とはいえいまだに解決されていませんが、前回更新の内容の後の8日の朝の事件です。
なんでこんなに引き続き変なことが起こるのかか不思議なくらいで、出勤も億劫になる。

1月8日の朝。
いつもより一本遅い地下鉄に乗るツル子さん。
目の前に座席が空いていたため、5分程目を閉じて地下鉄までの神経ピリピリ状態から一端休憩です。

ツル子さんが降りる駅の前で目を覚ます。

すると目の前から「カシャ」と軽いシャッター音。

明らかに、向かい側に座っている若いと思われる男の人が持っていた、ガラ系携帯のカメラレンズがツル子さんの膝付近を向いていた。

しかもレンズの真下には片手がレンズを隠すように添えられている。

その時ツル子さんはカラータイツにモモ丈のパンツにロングブーツ。短めのコートを着ていた。
明らかに太ももは見えるが、残念ながらコートの下はスカートではなかった。

地下鉄を降り、改札を抜けるときに駅員室へその報告をしようと思ったが、今のツル子さんの状態は正常ではないだろう。ひょっとしたら、つい2日前に怒った事件による変な被害妄想がそうさせたのかもしれないと思い、この日は普通に会社へ向かった。

もし盗撮が本当であれば、なぜこんなに災難が続く?

そんな恰好をしていた、ツル子さんが悪いのか?
年相応の恰好をしなければいけないのか?
今更年相応ってどんな恰好?って疑問に思う。

更に本当にツル子さんが盗撮されていたら、いったい何が目的?
中学生・高校生のようにピチピチしているわけでもなく、「熟女好きな人」だとしてもツル子さんはまだ熟女には至っていない!(つもり)


ちょっと年明け早々、悪いことばかりが続く。
こりゃお祓いでもしてもらわないといけないかねぇ。



1月11日(土)一人で東京にフラメンコライブを見に行きますが、ホテルまできちんと無事に帰れるかが
不安になってきた。
姉夫婦と3人で見に行くけど、その後姉夫婦をは別れツル子さんはお友達と飲みに行く予定。
怪我なく無事に帰宅できたとしても、何かは起こるだろう。
もし偶然にも何かが起こったときは、「こりゃ奇跡!」として笑い話でこんな不幸は話がここまで続くとは・・・とまた更新いたしますよ。

しかし突如更新してないときはツル子さんの身に何か起こったとでも思ってください。

仕事初めの事件です。

生活奮闘の話

1月6日月曜の朝。
2014年の仕事初めの朝です。

ツル子さんはいつもの時間にいつもの通勤路を、今年の仕事に対する抱負やら、その日から始まるフラメンコの
レッスンのことやら考えながら歩いていました。

家を出て15分程経過したところ。
いつものとある屋内通路。
その時間帯は通勤に急ぐ人はまばらになる時間帯。
人ごみの中を歩くという感じではありません。

ツル子さんはその道をいつもの右側を歩いていました。
するとツル子さんが歩いていた向こう側からさらに右側の壁伝えに歩いてくる20代くらいの女性。

それほど人がいない場所でも、「もしぶつかってイチャモン付けられたらいやだなぁ」と思い、一定の距離を置き
彼女とすれ違う。

すれ違った瞬間、ツル子さん。蹴られた。

しかも、靴底で。

突然の出来事でツル子さんは、そりゃキョトンですよ。

本当は去年の新人君事件でヤサグレていたツル子さんなら、
「テメ~この野郎、何か文句あるならハッキリ言え~」と言ってたかもしれませんが、(いや言えません

ツル子さんはそのまま、後ろに遠ざかっていく女性の顔を睨みつけながら職場へ急ぎました。
その女性は何度か振り返りましたね。

職場でその話をすると、「いや~コワイネェ~」「怪我はなかった?」など心配してくれます。
「うん。ツル子さんは元気よ!ただ頭に来たけどね。」

しかし就業時間前になると、あの通勤路をまた帰るのが怖くなってきてしまったのです。


ツル子さんは意を決して、その現場近くの交番へ向かいました。

しかしいざ交番へ行くと急に怖くなり、説明しようと思っても声が震える。
(ツル子さん、こんなはずじゃなかったのに・・・・)
 
説明中に中からお巡りさんが続々出てくる。
(常にそんなにいたとは・・・とちょっと疑問に思う)

ツル子さんは声を震わせながら一通り説明を終えると、一人のお巡りさんが「監視カメラに写っているかもしれないので、蹴られた場所と時間を教えてください」とパソコンをいじり始める。

その間他の年配のお巡りさんが「じゃぁちょっとその場所まで行きますか」
とツル子さんと年配のお巡りさんは現場へ向かう。(こういう時って「現場」っていうのかわかりませんが・・・・)

しかしその道の前。
ツル子さんは「もしかして、あの20代の蹴りいれ女はこの人ごみのどこかにいるかも知れない」と思うと怖くなり、ついつい年配のお巡りさんの後ろに隠れながら歩いてしまう。

現場付近へ到着。
しかし年配のお巡りさんは「ここからじゃ、監視カメラに写っているか難しいかもなぁ」とぼやく。
そして年配のお巡りさんにどのように蹴られたかを聞かれ説明した。
(説明の際ツル子さんの足の方が彼女の足より上がったかもしれない。ちょっとしたエクササイズ的な格闘技経験者のツル子さんのチョイ自慢)

説明を終え年配のお巡りさんとツル子さんはまた交番へ戻ると、一人女性の警官さんが仲間入りしていた。
中ではまだ監視カメラを数人のお巡りさんが監視中。

すると年配のお巡りさんが「これだ!これだ!」と叫ぶ。
さらに「こりゃ、精神異常者だなぁ」と付け加える。
(この世の中精神正常者ってどんな人なのかわからない。ただでさえ、ツル子さんもこの時の精神状態は異常と思える)

その年配のお巡りさんが叫んだ時の映像に写っていたのはツル子さんではなく、20代の蹴りつけ女は挙動不審な行動で、他の数人の男性にも足を出していた。
しかしその蹴りはすべて不発。
そこでジャストミートしたのがツル子さんだったようです。
さぞかし、ジャストミートした時は20代の蹴りつけ女は「YES!」と心の中で叫んだに違いない。
気持ちよかっただろうなぁ・・・・。

しかしツル子さんはご立腹よ!!

その後年配のお巡りさんが「ちょっと中に入ってきてモニターを来て観て。」とツル子さんを中に入れる。

ツル子さんはいまだ動揺が治まらない中、モニターを観に中に入る。
不発の蹴りつけ女の映像で、彼女を確認後その時間のツル子さんがいたと思われる場所付近のカメラに切り替わる。
するとジャストミートされたツル子さんの映像がはっきりと写っているではないですか!!

「これです!!」とツル子さんは思い出した途端また声が震える。

年配のお巡りさんが「それじゃ、被害にあった時の服装と同じだから、ちょっと写真を撮らせて」とツル子さんは言われるがまま、ツル子さんの正面・後ろ・右側面・左側面と写真を撮られた。まるでツル子さんが犯人のようだ。

一応途中から入ってきてた女性警官と今後の対処方法と対策を話した後、ツル子さんは交番をでた。


翌朝、同じ通勤路へ向かう。
しかしその場所へ向かうと運ぶ足が重くなる。

どうしたらとっさの判断ってできるだろうか考える。
とりあえず、近くを見ず遠くを見る。

近くをすれ違う人をキョロキョロ見ると余計に不審者と思われるに違いない。(これ以上不審者と思われたくない。)

遠くからツル子さんの方向へ向かってくる人を汲まなく見ていれば、蹴りつけ女のほか怪しい人を見かけたときにすぐ、反対方向なり、避けることが出来るだろうと言うツル子さん独自の判断。

しばらく地下鉄に乗るまでしばらくの緊張状態。
地下鉄を降りてもまだ会社に着くまで油断はできない。

会社に着くと大量の汗。
こういう日がしばらく続くのかと考えると体に良くない。


ツル子さんは二人の言葉を思い出した。

一人は、今回お世話になった年配のお巡りさんの言葉。
「彼女のような挙動不審な態度で、あのように自分の近くを通る人に蹴りつける行動は、自分をの身を守る行動なんですね。自分に危機感を感じると自分を守るために手や足を出すといった行動なんです。」

もう一人はツル子さんの姉の話。
昔ツル子さんが東京に住む姉を一人で訪ねた20代前半の時の話。
「都会はね、人が多いから変な誘惑も多いの。だから隙があるような態度で歩いたら危険だよ!」

ツル子さんは、今までずっと姉から聞いていた言葉を意識してずっと「隙」を作らず歩いてきた。
しかし、それが今回仇となったのでは?

年配のお巡りさんが話していたように、ツル子さんが颯爽と歩く姿が蹴りつけ女からすると、「敵」のように見えたのか?

ここで今年の教訓。
自動車免許を取る際に、口酸っぱく言われていた言葉。
「かも運転」にかけて、「かも歩行」

常に「変な人が近づいてくるかも」「この人は蹴る・殴るの暴行をするかも」「この人は刃物を持っているかも」
「この人は違法薬物常習犯かも」・・・・・きりがない。

しかし、近くを観察するより遠くを見て怪しい人が近づいてくるようであれば、自分から遠ざかる方法はいくつか考える時間は作れるだろう。
毎日このように考えながら過ごさないといけないのか?
気が重くなる。


 

激動の四月に終わりを!!

生活奮闘の話

前回更新の中で、「スマホデビュー」と更新しましたが、スマホを購入してから色んなことが起こりまくりで、ツル子さんは発表会を前にすでに疲れ気味でした。

色んなことが起こるしそんな色んなことに振り回され、挙句の果てに職場でも仕事ができない上司に振り回される。



スマホ購入は四月上旬の事でした。

最近多かった迷惑メールの対策の設定をしてもらい、ちなみにスマホの見積もりを出してもらいました。

店員さん(ちょっと上の方の人かもって感じの人)が対応。
「今機種にもよりますが、キャンペーンで四月下旬まで安くなっているものもあるんですよ~」
というお言葉に、「よし!買った!!」と即答のツル子さん。

初めは今月忙しいし、携帯どころじゃないだろうと考えましたが、来月以降に購入してもおそらく欲しい機種が安くなってないかも・・・・。

結局踊らされたってヤツですよ。

その日入店してから4時間。お店にいました。

スマホには普通にメールに使うアドレス、アプリを取得するために使うGメール、あとEメールを入力しなければなりません。

担当したそのちょっと上の方っぽい感じの店員さんが私の手間をかけさせないようにと思ったのか、Gメールアドレス、Eメールアドレスの設定・入力をすべてやってくれました。

ツル子さんが設定し記入したGメールアドレス、アカウントを渡しそれを入力してくれた店員さん。



しかし!!それがことの始まりです。
ショップに10日間で合計5回の入店。
ツル子さんとしてはかなりの記録更新並みです。


スマホ購入後、とりあえず何とか基本操作の使い方はOK。

ちょっとわからないことがあったので、一度仕事帰りにショップへより「大丈夫だ!!」と一安心。
これが2度目の入店です。

よし!何か面白いアプリでも取得してみようかな・・・・・と。

するとGメールのアカウント・パスワード入力画面が。
ツル子さんは自身で書いた控えとなるGメールのアカウントとパスワードを入力。「間違ってます!」と・・・・。

何がおかしいのか分からないままスマホをいじると、Gメールアドレスの確認画面が出てきました。
明らかにツル子さん自身が書いたアドレスと違う。
もしや、パスワードも違って入力されているんじゃないか?と疑いの姿勢で一字一字丁寧にパスワードを入力していみますが、やはりNG。

さては・・・・・あの上の方っぽい店員さんが入力を間違ったなぁ。

翌日スマホ購入後3度目の入店。
「Gメールのアドレスとパスワードが私が設定したものと間違えて入力設定されてしまったんですが!」とちょっと腹を立てた態度でショップ店員に抗議!!

店員さんは購入した時と違う女性店員さん。
「大変申し訳ありませんでした。一度データを○○○し、△△△△しますがお時間は大丈夫でしょうか??」

ツル子さんの時間はどうでもいいです。
通常に使えればいいのですから。

店員さんに二度と入力は任せられないと思い、ツル子さん自身が設定・入力すべて行います。
無事にことが済んだ。

翌日夕方、ツル子さんはダンナ様へメールを送りました。
ダンナ様からの返信に「メールアドレス変わった??」と謎のメール。

ツル子さんの携帯のアドレスの確認。

なんじゃこりゃ~

メールアドレスが初期化されている。
よく新規購入時のランダムに英数で作られた長~いメールアドレス。

その日の夜、ツル子さんのイライラがマックス  

翌日仕事の昼休みに、ショップへ駆け込んだ!!4度目の入店です。

「ちょっと!これどういう事よ!!!」

クレイマーと言われてもしょうがない。
半分取り乱し状態でツル子さんはGメールのアカウントとパスワードの入力ミスから順序立てて事の事態を報告しました。

対応した店員さんは「大変申し訳ありません。すぐにご案内させていただきます」

すぐに対応してもらわなければ困ります。
なんせ、昼休み後には鬼のような女性看守(前回紹介しましたベラ顔の赤プル)が待っている訳ですから。

すぐにツル子さんのメールアドレスは以前の形に復帰。

まずは一安心です。

この日仕事帰りに事の原因と今後の対策を聞きに5度目の入店。

いい加減疲れました。

仕事でも疲れ、さらにスマホに変わってから10日間で5度のショップ通い。

さすがにこれだけのクレイマーに店員さん(アカウントとパスワードを入力ミスした店員)はすごい低姿勢。
あまりにも低姿勢な為、ツル子さんは仕舞には笑うしかない。苦笑でしたが。


ショップを出る際に「大変申し訳ありませんでした。」という店員さんに対しツル子さんは「お蔭さまでしばらくお店の方には来ることはなくなりました。ありがとうございました。」

別に「二度とこんな店に来るもんか!!」と言ったわけじゃありません。

店員さんは「イヤ、そんな事をおっしゃらずに、また来てください」と。

用件がなければ、しばらくショップには通いたくありません。

だってツル子さん、疲れちゃったんだもん。
何も問題が発生しなければ、ショップ通いはしばらく避けたいものです。




スマホ問題に関して解決しましたが、一難去ってまた一難です。

ツル子さん宅のお風呂場のシャワーが出なくなった!!

シャワーとカランの切り替えがうまくいかなくなり、シャワーを出す際にはカランに回す。
カランを出そうとしてもカランが出ない。
ハンドル?蛇口?の切り替えがうまくいかないのです。

結果、ハンドル内の歯車の歯が欠けてしまい、切り替えができなくなっていました。
ついにシャワーも出なくなり、ちょっと不便な状況。

水道屋さんが来てくれてシャワーは使えるようになりましたが、この時去年の震災後一か月ガスが使えなくお風呂に不便な思いをしていた時のことを思い出しました。

   20120422_210559_convert_20120422220223.jpg
これが通常タイプの切り替え蛇口。

    20120418_144111_convert_20120422220150.jpg
切り替え蛇口を外すとこんな白いプラスチックの突起があります。

こんな機会は二度とないだろうと思い思わず写真を撮ってしまいましたが、問題はこの突起と切り替え口の歯車が減っていたことなんです。

原因は酸が入っているお風呂洗剤。

ツル子さんが引っ越してきたときからすでに切り替え口の故障は始まっていた様子です。

引っ越してきた当初から切り替えがきつく、大丈夫かなぁって思っていましたが徐々に切り替え口の動きが滑らかに感じます。

しかし、修理が入り新しい切り替え口に変えてもらうと、滑らか~~~。

「こんなんで大丈夫なんですか?」とツル子さんは確認しましたが、これが正常な動きらしいです。
もうすでに入っていた時から異常な状態だったらしいです。



とこんなドタバタが四月に入り続き、さらに前回更新した女上司の事がありツル子さんの疲れはピークでしたが、
明日4月23日はツル子さんとダンナ様の結婚記念日。

お互いに忙しくつい先週木曜日まで忘れていました。

ちょっと早めに結婚記念日を二人で和食を堪能し、春を感じてきました。

  20120421_204259_convert_20120422205842.jpg
部屋にはゴルフをする舞妓さんの絵。

20120421_190511_convert_20120422221654.jpg
お通し。
         20120421_191228_convert_20120422205725.jpg
          京風だし巻き玉子。
                   20120421_192220_convert_20120422205756.jpg 
                    筍田楽。
                           20120421_192231_convert_20120422205818.jpg
                            春の山菜の天ぷら。
        20120421_191057_convert_20120422221526.jpg
         ローストビーフ。

ちょっとしたプチ結婚祝い。
六年目の結婚祝いはお互いに五年間お疲れ様でした。
六年目のご契約の更新をよろしくお願いします。と契約更新の許可をいただきました。


長々とお付き合いいただきまして申し訳ありません。
ツル子さんもこんな長いブログ、久しぶりで疲れました。
こんなにドタバタだったとは・・・・。(まだまだありますが、それは後日また改めて。)

ただ切なるお願い。
ついに一週間を切ったツル子さんの発表会まで、何もありませんように。


テーマ:つぶやき
ジャンル:ブログ

やっと・・・・。

生活奮闘の話

お待たせいたしました。

やっとのことでツル子さんのPCが昨日戻ってきました。


昨日の仕事帰りに某家電量販店にPCを取りに行き、夕飯を食べてからツル子さんの時間。

その時間を有効に・・・と思いきや正常に稼働したのは今です。

その間苦戦しました。

昨日は夜分遅くまで(深夜2時半)。気が付くともうこんな時間??と驚きです。


とりあえず皆さんに早く報告を・・・と今せっせとご報告させていただいています。


やはり携帯での更新は面倒といいますか、なんだか片手で携帯をチャカチャカ打っていると気分はギャルになった感じで、ツル子さんには似合わない!!

ふ~とりあえず明日からネタの整理と皆さんのブログを訪問させていただきます。


でも年末に間に合ってよかった~!!

以前にもちょこっとお話しましたが、タイの大洪水により部品が足りないとか、修理ができないなどでやはり同じようにPCや電化製品の修理に出した方の中でも1か月待ちはザラの様子ですが、約2週間という驚異的(?)な速さ。

実際驚異的かは不明ですが。

この2週間はツル子さんの周りにはPCというものがなく、時間をどう使っていいのかわからない暇な毎日でした。

ついにツル子さんはPC依存症と化してしまったようです。


それでは明日以降皆さんのブログにお邪魔しますので今後ともごひいきによろしくお願いします。

テーマ:つぶやき
ジャンル:ブログ

早一年 仙台生活総集編(その2)と行きたいところなんですが。

生活奮闘の話

前回更新から2週間ほど空いてしまいました。

更新後から残りの半年の事を考えていました。

すると思い出すことは、震災後の事ばかり。

今は「前進あるのみ!!」と自分に言い聞かせてきましたが、今は後進はできないと思いまして、この一年の総集編の後半に関しては、過去ログで皆さんがご存知の通りです。



という事で、この一年ツル子さんはこんな感じで過ごしてきました。

最近街を歩いていると金木犀の香りがあちらこちらで香ってきます。

        pr00132_convert_20111007202457.jpg

そういえば、去年も引越し後少しでも近所を色々散策してみようと歩いていたら、色んな所からこの金木犀の香りがしたことを思い出しました。

香りも立派な思い出です。

金木犀の香り・・・と言えばと思いつくのが「トイレの芳香剤」というイメージが強いですよね??

しかしこの前面白い実験をした結果、「トイレの芳香剤」というイメージをしてしまう人は大体25歳以上の女性のみ。

この結果はあくまでもツル子さんの職場のリサーチです。(とはいえリサーチ会社ではありません)

いや、ツル子さんの職場内って60歳くらいのおばちゃんから20代前半のギャルまでいますのでねぇ、聞きやすいんですよ。

ちなみにツル子さんは金木犀=トイレの芳香剤派です。

しかしギャル世代(20代前半)からすれば金木犀の香りすら分からないとか、植物すら分からない。

逆にトイレの芳香剤の臭いと言えば・・・と聞くと「ラベンダー」とか。

はは~ん。

結構世代を感じるようになってしまいましたツル子さんです。



今月からフラメンコレッスンが急ピッチに進んでいます。

ツル子さんのブログもちょっと今後は予約投稿や更新の間の空きすぎなどかなりの不定期になりそうです。

もう来月から4月の発表会に向けての練習開始です。

それに以前お世話になった盛岡のフラメンコ教室のみんなの発表を見に行かないと・・・・。

等々しばらくはブログもどう更新させるのか??

皆さんからのコメントにも返コメ不可能でしょうが、コメントをお待ちしています。

皆さんにもコメントを残せるかどうか・・・・。読み逃げしてしまうかもしれませんが悪しからず。






テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ

早一年 仙台生活総集編(その一)

生活奮闘の話

ツル子さん仙台に越してきてから早一年が経ちました。

今日のブログはその一年を振り返ってみたいと思います。簡単に言えばここ一年のブログの総集編ってところでしょうか。

長々となります。
途中で飽きそうになったら無理は禁物です。
対して面白い事書いていませんから。


ツル子さんとダンナ様が仙台に越してきたのは去年の9月末日。

card1_convert_20110926215842.jpg


しばらくブログを更新する事が難しいなぁと思いながら引越しの準備、片づけと忙しくしていた頃にブロガーさんいずきちさんいずきちの華のように優雅な日々と見せかけた Newいずきちの鬼のように色々な日々やバウさんバウワウのクロストーク通信がツル子さんに遭いに来る夢を見て、ツル子さんはブログを早めに更新することが出来ました。

仙台の街に少しでも早く慣れようと、近所をお散歩したりお散歩コースがお寺ばかりなのでお寺の紅葉をブログにアップしたり。
とにかくブログネタを探しにお散歩が楽しかった・・・。(途中道草食ったり)
      blog-photo-1216949011_41-0_convert_20110926174834.jpg


まずはフラメンコ活動に勤しもうととあるカルチャーセンターへ向いました。
その日はもう晩秋の頃。
夜はもう寒いです。
ツル子さん、とても寒いの・・・・。
     
       fotolia_127643_convert_20110926220707.jpg



そんな中行き帰り往復1時間。
バスの時間を少しでも逃すと一時間に一本の所。
こんなところに毎週通えない!!

そのカルチャーの先生が他の教室(今の教室)を紹介してくれました。
そのカルチャーの先生は今の教室の講師だったのです。

その頃ツル子さんは同時に就活です。
就活と言ってもパートです。
なかなかいい職に巡り会わずに日々散歩です。

今のフラメンコ活動を中級クラスからスタートし、毎週フラメンコに励み教室に入ってすぐの事です。
教室の発表会のご案内。
もちろんツル子さんは出られませんが、来年のツル子さん発表会デビューに向けてお勉強に行きました。

会場はまだツル子さんのお散歩コースの未開の地。
ちょっとそこまで下見に行ったついでに徒歩で30分の所に青葉城公園があると聞き、歩いて青葉城公園へ向いましたが、徒歩30分のうち2/3は急こう配の上り坂。
晩秋の日差しが容赦なくツル子さんを照らします。
汗だくで、伊達政宗公の騎馬像を見た頃は感動でした。

丁度ツル子さんは就活中。

            a0001_013574_convert_20110927191553.jpg
   
伊達政宗公騎馬像に「小学校の修学旅行以来でご無沙汰してました」とご挨拶。
「ついでと言っちゃなんですが、今後の仙台での生活が順風満帆でありますように」と祈ってきました。

その一週間後に発表会を見に行ってきました。
発表会の帰りの地下鉄に乗る前にツル子さんは興奮で鼻血を垂らす。
この話今でも中級クラスの武勇伝になっているようです。

年末、仕事が見つかり「よし!来年からまた頑張るぞ!!」と思っていましたが、フラメンコの方はなかなかツル子さんの体がついて行けない。
これはいったい何ぞや??

考えた結果やはり先生が変わると教え方も進み方も違う。
色々考えた結果ツル子さんは入門からやり直しました。
中級クラスは結局3か月でした。

今は和気藹々としてますが、以前ツル子さんが入門クラスに入ったばかりの頃は挨拶ができない人ばかりで苦労をしました。
ツル子さんは毎週挨拶攻撃で、みんなが挨拶できるようになるまで頑張りました。
いまじゃツル子さんは先輩扱いです。

仕事の方もある程度慣れてきて「体操のおねぇさん」という称号が付きツル子さんは「う~んちょっとこれはツル子さんも頑張り過ぎかなぁ・・・・」と思っていました。

ツル子さん必死で仙台の街に少しでも早く慣れようともがいていました。
隣県(岩手から宮城へ)という事もありあまり深く考えていませんでした。

しかし結構なジェネレーション・ギャップってやつです。
引越して半年の間で色々そのギャップとの戦いでした。
毎日一生懸命何かに追われるかのように走り続けました。

         7JSJB1_480_convert_20110927192855.jpg

            

ツル子さんはとにかくまだ今後、長くても9年は宮城県にいるだろうからそんなに焦ってこの街に慣れようとせず、ゆる~りとやっていこうと思っております。

が・・・・・。

次回に続く。



テーマ:伝えたい事
ジャンル:ブログ

あじぃ~

生活奮闘の話

つい前回の更新ブログにて残暑見舞いをしましたが、こりゃ~残暑と言い切れるのかと思うくらいの暑さですね。

お盆中、ツル子さんの実家へ向う途中親戚のお墓詣りをしながら帰省と考えていましたが、途中30キロの渋滞。

宮城県から岩手県に抜けるまで3時間かかりました。

結果、親戚のお墓詣りは不可能。

お仏壇だけで終了。

30分~一時間だけの談話で実家へ戻りました。

結局ツル子さんの実家へ着いた時間は夜9時半。



途中の渋滞の原因はやっぱり事故渋滞。

その周辺の気温は35度や36度。

そんな炎天下の中警察や事故を起こした人や起こされた人。何ともご苦労様です。

そんな中時速20~30キロ程で走行していたツル子さん達。

ツル子さんの実家(盛岡)は少し朝晩は過ごしやすいと先遣隊の兄の情報。

早く過ごしやすい盛岡へ着きたい!!


ツル子さんの親戚は岩手県の県南に集中している為盛岡に行ってからお墓詣りをすると無駄かな~と思いながら、とりあえず親戚のお墓詣りを試みましたが、正直やっぱりしんどい。

途中ダンナ様の運転を変わってあげようかとも思いましたが、ツル子さんは運転免許を忘れてきてしまった!!

確信犯!?イヤ故意ではありません。

最近車を運転することがなくなったツル子さんは運転免許証すら持ち歩くことも無くなりました。

しょうがないです。

ここは車内でツル子さんは一生懸命ダンナ様の接待です。

「コーヒーが欲しい」と言えばコーヒーを入れて、眠くなりそうなら何かオモシロ話を考える。

ツル子さんにとってはこれも疲れる助手席の立派なお仕事です。


世のお父さん方・・・・。お疲れ様です。

夏休みの家族接待も大変でしょう。

この発熱中の日本が涼しくなるまでもう少し。

秋の虫の音が待ち遠しいです。

テーマ:日記
ジャンル:ブログ

アクセスカウンター

ツル子さん紹介

ツル子さん

Author:ツル子さん
主婦ツル子さんです。
趣味:ご覧のとおり多趣味です。ただ今フラメンコ猛特訓に耐えてます。
みなさんからの応援をお待ちしています。

⇑お気にいったら、こちらをポチッと。

カテゴリ

リンク

最新コメント

フラメンコの魅力

最新記事

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。